マレーシアの就職事情について

マレーシアで働くためには海外駐在員か現地採用

2017年08月10日 13時15分

先ほど、ちらっと話題に出しましたが、マレーシアで働くためには「海外駐在員」、もしくは「現地採用」として勤務をするのが基本です。
マレーシアで働く海外駐在員は、日本の企業からマレーシアへの派遣を指示されてマレーシアにやってきます。
海外駐在の場合は、もともと海外派遣したいという想いが強い人が多いようです。

マレーシアに限らず、企業から指示された派遣国に出向き仕事をすることから、必ずしも自分で派遣先を選べるわけではないのです。
一方で、現地採用はそういった海外駐在員のような企業から派遣されて海外にいくのではなく、基本的には現地資本の日系企業、ローカル企業、
または日本以外の外資系企業に就職して働くようになります。現地資本の企業であることが多いので、現地の給与や待遇、勤務時間を基準に業務を請け負います。
海外で就職したい、しかも「マレーシアで就職したい」という方にとっては、
行き先を選べる「現地採用」として就職を目指したほうが自分の目的に合った進路を実現させられるはずです。